読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

【九州ツーリング】3日目 人吉〜指宿〜鹿児島

九州ツーリング

0530目が覚めた。口が乾燥しているのと、こちらにきてから花粉症がツライ。鼻水ターターです。

 

0600に朝ごはん。おばちゃんがおはよう、と声をかけてくれる。朝ごはん、、、これまたボリューミーな。味噌汁、納豆、漬物、卵焼き、焼鮭など、日本の朝ごはんといったメニューが勢ぞろい。もちろん全てたいらげました。美味しかった。

 

短い時間だったけど、ありがとうございました。自転車は輪行状態にして、部屋に置かせていただきました。

 

 

f:id:dringo526:20170320110144j:image

西人吉駅

0700の列車に乗り込み、人吉駅で乗り換えて肥薩線の真幸(まさき)駅まで。途中、二度のスイッチバックがありました。詳しくないけど、珍しいらしいです。

 

 

f:id:dringo526:20170320110438j:image

列車と別れる。真幸駅無人駅です。

 

 

f:id:dringo526:20170320110539j:image

手早く輪行解除して、、、

 

 

 

f:id:dringo526:20170320110628j:image

ブレーキ、シフター、ホイールロックなどを毎回きちんと確認。これ大事。

 

 

今日のルートは肥薩線沿いに南下して、国道10号から鹿児島を抜けて、指宿まで向かう。今日の目的は玉手箱温泉に入ることだ。

 

幸駅から下り、県道55号を南下していく。繰り返すアップダウンが脚に疲労感があることを実感させる。

 

サドルバッグがあるからダンシングしにくいかと思いきや、そうでもない。積極的にダンシングで進んでいく。最近、シッティングよりもダンシングのほうが登れる。

 

 

 

f:id:dringo526:20170320111245j:image

初めての鹿児島に突入。

 

 

これでもかというほどのアップダウンを越えていく。それでも道は下り基調。鹿児島側から来るローディーとすれ違ったけど、北行きはキツイぞ。

 

 

 

f:id:dringo526:20170320111521j:image

くも合戦ってどんなん?

 

 

進んでいくと視界が広がった。目の前に錦江湾桜島が見えた。霞んでみえるけれど、雄大な景色だ。九州は雄大な景色が多い。

 

 

国道10号に入り、交通量が増える。アウターで回して進んでいく。

 

 

f:id:dringo526:20170320111831j:image

桜島錦江湾

右側を車が高速で駆け抜けていきます。止まるのは恐怖なので、早々に出発。

 

 

鹿児島市内から海岸沿いの国道で指宿へ向かうが、交通量が多く、大型車両やバスなどの排ガスが臭くてかなわない。

 

この道はもう走ることはないだろう。おそらくもっといい道があるはずだ。今回は時間の都合で最短ルートとしたけど。

 

排ガスを吸い込みすぎて、気分が悪くなる。しかも、喉がイガイガしてきた。さらには花粉症だ。首から上が不調だらけw

 

 

 

f:id:dringo526:20170320112337j:image

それでも指宿が近くなってくると、交通量は減った。

 

 

f:id:dringo526:20170320112413j:image

道の駅指宿でお昼ごはん。海鮮丼なり。これで900円。鮮度が良くて歯ごたえがあって、確かに美味しかった。自分としては、この金額ならもっとボリュームが欲しかったなあ。

 

 

それから20分くらい走って、玉手箱温泉の近くへ。

 

 

f:id:dringo526:20170320112640j:image

開聞岳

あいにくの曇り空だったけど、確かに薩摩富士と云われる理由が分かる。ここだけ見ると独立峰だ。

 

少し走ると玉手箱温泉に到着。チケットを購入して、いざ初めての砂蒸し風呂へ。

 

 

 

f:id:dringo526:20170320113028j:image

行く途中、噴泉が勢いよく出ていた。すごい迫力です。

 

 

f:id:dringo526:20170320113152j:image

急勾配の階段を降りていきます。はい、自転車用のシューズは本当に怖かったです。サンダルに履き替えればよかった。

 

受付を済ませて、待つこと5分。おばちゃんに案内されて、浴衣だけになってねと。着替えて、砂場へ。

 

砂場に入ると、すでに背中が温かい。お兄さん2人が砂をかけてくれる。砂蒸し風呂初挑戦です。

 

砂がかかるとズシリと重みを感じる。と同時に、その部分が温かく感じる。

 

 

あー、これ気持ちいいわー

 

 

目につく場所に時計があるので、10分を目安に入ってくださいと。

 

 

目を閉じると、トンビの鳴き声と波の音。

 

 

あー、これはたまらんです。隣に誰か一緒にいてくれて、起こしてくれるなら、気持ちよすぎて完全に眠るパターンですw

 

でも、1640指宿発の列車に乗らないと、鹿児島でゆっくりできないので1500には砂蒸し風呂から出ました。

 

サッと湯船に浸かり、砂を落として着替え、露天風呂へ。偶数日は開聞岳方面が男湯でした。

 

 

おー、これはまたいいね!

熱めの湯で。目の前には開聞岳。左手には東シナ海が広がっている。最高のロケーションとは、このことを指すんだろうな。

 

 

早々と露天風呂から上がり、指宿駅を目指します。

 

f:id:dringo526:20170325063530j:image