読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

ショップツーリング Jonnyさんの調教 ~118km~

Jonnyトレーニング


今日はJonnyさんと二人のツーリング。国道155はいつものように30km/h~35km/hでの巡航。CAD120くらいで回す。一部区間のみ45km/h走行する。この疾走感、めっちゃ気持ち良い~^^


多度の小高い丘を登っていくあたりでダンシングするとパキッって音が鳴り始めた。う~ん・・・ヘッドパーツのベアリングがイカれてしまったのかも。


それをあまり気にすることもなく、養老鉄道沿いから二之瀬へ。すれ違うローディーはほとんど居ない。みなさん鈴鹿か乗鞍かへ行かれてるんだろうな~と、うらやましい気持ちになる。来年こそは出るぞ!乗鞍へ!


f:id:ringo526:20110828090345j:image

庭田交差点  さぁ~!今日もしっかり登るぜぃ!


今日の二之瀬の登りはシッティングかつトルクで登ります。いつもは軽いギアでクルクル回すんだけど、少し趣向を変えて。気分は流す感じ。JonnyさんについてCAD50、HR160くらいでじっくり回す。



f:id:ringo526:20110828091745j:image

二之瀬登坂中 TTだとこんな写真は撮れません(笑)


水汲み場を過ぎた辺りで、前に出て一人旅。そして、そのままゴール。タイムは28分くらい。

最近、ケイデンスで登るかトルクで登るか迷っている。まぁ、時と場合によりけりなんだろうけど^^ただ個人的にはトルク使った方がしっくり来るかも。




いなべから鞍掛峠に向かうアップダウンの最中で、Jonnyさんにダンシングのやり方を教えてもらう。教えてもらったのは、リラックスダンシング。

カラダを立てて、腕は少し伸ばす感じ。お尻はサドルよりも前方へ。ペダルを踏み込むだけでなく、ちゃんと引き足も使うようにダンシング。

初めは慣れない感じだったけど、一応カタチだけはOKもらった。あぁ~、でもこれはええわ~^^前のダンシングは腕曲げてガッチガチやったもん(笑)あれで大分パワーロスしてたんだろうなと思う。

当たり前だけど、

●リラックスダンシング

●アタック時のダンシング

は全くやり方が違うからとレクチャーを受ける。試しにアタック時のダンシングを見せてもらったけど・・・うぉ、なんか動きがスムーズというかリズミカルというか、美しい^^





ちなみに鞍掛峠は、







通行止めでした(ノД`)







裏二之瀬へ向かう途中でピナレロのドグマに乗ったMさんと偶然合流。この方もJonnyさんの知人で、ブルベ中部のコースを作成したりしてるんだって!・・・すごっ!

f:id:ringo526:20110828105150j:image

Pinarello DOGMAとHyperon Ultraの図 うらやましすぎるぜぃ(泣)


Mさんと一緒に裏二之瀬へ。Jonnyさんに教えてもらったダンシングを駆使して登る。うん、やっぱりいい。しっかりと前に進んでくれる。以前のダンシングは力みすぎていたんだな^^



東海大橋を越えてMさんと別れた後は、Jonnyさんをしっかりと牽きまくります。少しの向かい風で30km/h~35km/h巡航。

国道155に出てからは35km/h以上で巡航。




そして途中で、







アタック!!








30m以内でMAXスピードまでもっていくつもりで踏む踏む!!一瞬サイコンが見えて、56km/hを確認!!

いっけー!!という感じで後ろを見ずに、「逃げ」るつもりで加速!

Jonnyさんを20mほど離し、40km/h巡航する!

しかし、やっぱりペースが落ちる。35km/h巡航。ほんとは40km/hで走りたかった。

Jonnyさんに追いつかれたり、逃げたりしながらほどなくして脇道へと。






信号で捕まりながらも3回アタックしたけど、ここで課題が見つかった。

アタックの課題は、

1 最短距離で最高速度を出すこと

2 最高速度のアップ

3 アタック後の巡航速度を維持する



アタックを成功させるには駆け引きも重要だと思うが、やはり体力・スタミナがなければどうしようもない。3に関しては、アタック後の心拍が上昇している中で走り続けなければならないのが辛い。

自分の回復可能ラインを知った上で、巡航することが必要だと感じた。心拍や体幹など優先順位をつけてトレーニングしていこうと思う。まぁ、素人の考えなので間違っている部分があるかもしれないけど(笑)






いろいろと思うところがあったショップツーリングとなりました。












おしまい^^