読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

初夏の風薫る 上高地へ! ~265km~ 帰路編

上高地を離れるのは名残惜しいけれど、家で家族が待っている。さぁ、安全運転で行こう。

凶悪(?)な釜トンネルを下った後は、松本市側の安房峠を登る。ところがこの峠、ご丁寧なことに●号カーブと表記されている。

これが16号カーブまで行けば、安房峠まですぐなのだけど、なかなか数字が上がっていかない。九十九折れの急カーブをいくつも越えていく。











f:id:ringo526:20110708143559j:image

14:35 安房峠高山市側へ 峠付近は風もあって涼しい。しばらくいると寒く感じるくらい。










爽快なダウンヒルの後、奥飛騨温泉郷を抜ける。「平湯トンネル」は交通量も多いし、速く駆け抜けることをオススメする。












f:id:ringo526:20110708152301j:image

15:23 平湯トンネル突破後 また来るよ~。乗鞍へ。











この後は高山市へ下りまくる。ひたすら下り。途中の「長寿水」でボトルを満タンにして、ちょっとだけ車体も洗わせてもらった。












高山市へ入るとあっついあっつい。汗が止まらん。30℃以上は確実にあるであろう太陽と道路の照り返しにやられる。



「特急ひだ」の時間まで2時間ほどあったので、高山市内を散策することに。



f:id:ringo526:20110708163607j:image

16:36 飛騨高山「陣屋」 ここも車で観光に来た事はあるけど、まさか自転車と写真を撮れるなんて、その時は思わなかったよ^^




f:id:ringo526:20110708163736j:image

列車に乗るために一応着替えは持ってきた・・・けどカラダの匂いがハンパねぇ!ってことで高山駅で銭湯の場所を聞き、上記の写真すぐ近くの「中ノ湯」というところへ。









で、この銭湯がアタリ!!!!





昭和の香りが残る店内、番台に座ったおばあちゃん、建物面積40坪くらいの小さな銭湯屋。すんごい良い雰囲気。

しかも、石鹸、シャンプー、タオルまで無料で貸してくれた。これで400円。

入浴が気持ちよすぎて眠ってしまいそうになるくらい。あぁ~やばいやばい。

しっかりと香りを落とし、銭湯を後に。そして、近くのスーパー「駿河屋」の店内で一人打ち上げの食材を買い、高山駅へ。








駅前で、100均自転車カバーで輪行準備。一応、予備も持ってきたけど問題なし。15分ほどですっぽりと。




f:id:ringo526:20110708183009j:image

18:30 高山駅構内 こういうのが旅みたいで良かった。輪行って魅力的だヽ(´ー`)



乗客の一番最後に乗り込み、あらかじめ指定席でとってあった車両後部座席の間にCAAD9を入れる。



f:id:ringo526:20110708185103j:image

18:51 特急ひだ すっぽりとCAAD9が収まっておりました。これなら、輪行も大丈夫。



そして、岐阜駅で乗り換え。特急ひだを降りる時に、CAAD9がひっかかってしまったのは焦った。到着する前に、あらかじめ出しておきましょう。

乗るときは一番最後、降りる時は一番初めがよろしい。















「ただいまー。」











帰ってきたよ~ヽ(´ー`)








「おかえり~。」







と迎えてくれる嫁と子供。






普段の何気ない挨拶だけど、この時は違った・・・






ホントに家族が居てくれてよかった^^






支えてくれている人がいる、帰りを待っている人が居る。そのためにも、ケガのないように帰らなきゃ。







Special thanks to 嫁&子供、応援してくれた人達











きっと・・・









いや、絶対・・・








またロングライド行きます!









ロングライド最高!!











おしまい^^