読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

初夏の風薫る 上高地へ! ~265km~ その③

ロングライド


初夏の風薫る 上高地へ! ~265km~ その①はコチラ

初夏の風薫る 上高地へ! ~265km~ その②はコチラ






せせらぎ街道→飛騨高山→乗鞍高原



f:id:ringo526:20110708070832j:image

AM7:08 飛騨高山上三之町 高山市街のこういう歴史ある街並みが好きです。


せせらぎ街道を抜け、国道158にアクセスし東へ進むと高山市街地へ。高山駅で嫁さんに写メールをする。出発から約7時間(休憩1時間含む)で高山に来れるなんて、意外と近いんだなと感じた。

きっと今頃、子供を保育園に送っていく準備をして、自分も出勤の準備をして、慌しい朝を迎えてるだろうと思うと、今自分がここに居ることに対して、嫁に感謝の気持ちでいっぱいになった。

よき理解者がそばに居てくれてよかった。心の中で一言「ありがとう。」と唱え、乗鞍を目指す。





途中のサークルKで大休憩。脚をほぐすためにストレッチした。ここからの長い登りのために腹八分目までしっかりと食べた。けっこう食欲はあった。



f:id:ringo526:20110708081521j:image

AM8:15 高山市町方交差点 交通量が増える。この辺りからずっと登り。自宅から155km地点。


ゆるやかな勾配にも関わらず、速度は22km/hとか。脚に疲れはあまり感じないけど、心がセーブしてしまっているのかスピードはひかえめ。

いつまで続くのこの登り・・・というながーい登り。まぁ、嫌いじゃないけどね。気温は24度ほど。自宅を出てからほとんど気温差なく走ってこれてるのは良いコンディションかも。




ほどなくして、朴の木平バスターミナル近辺へ。



f:id:ringo526:20110708093227j:image

AM9:32 朴の木平周辺 おぉ!明後日なのか!!乗鞍SLヒルクライムは。知らなかった~。


明後日にはヒルクライムレースが行われる、ここ乗鞍。クルマに乗っている人が「がんばれー!」と応援してくれた。地元の方だろうか。暖かい声援に「何十年ぶりだろう、こんな気持ちよく応援されたのは。」と、つい物思いにふけってしまった。

乗鞍まであと少し・・・声援をバネにペダルを踏む。






ところが・・・






f:id:ringo526:20110708095403j:image

AM9:54 平湯峠入口手前 オーノー!まじかー!?「雨量規制通行止め」って、なんのためにここまで来たんだー(泣)



おそらく前日からの雨量だろう。規制値を超えてしまったらしい。けれど、ここで引き返すなんてできない。もったいない。せっかくだから、スカイライン入口まで行ってみようと、おもむろに進み始めた。






そして








始まる










平均勾配10%ほどの坂道






f:id:ringo526:20110708101610j:image

AM10:16 平湯峠登坂中 完全に蛇行運転。速度は一桁を推移。脚が焦げ付きそうだ。



距離は2.8kmほどだけどキッツい。汗が止まらん。・・・いや、こんな時こそ「池田山」を思い出すんだ、と気合一発。勾配は似てるけど、あっちより路面はきれいだし短いし。

だけど、166km走ってきての10%はそれとは違うな。


f:id:ringo526:20110708101912j:image

AM10:19 平湯峠手前 乗鞍スカイライン入口はもうすぐそこだー!!







もうすぐやで・・・







f:id:ringo526:20110708102039j:image

AM10:20 奥に見えるのが乗鞍スカイライン入口 







やっと










着いたよ










f:id:ringo526:20110708102556j:image

AM10:25 乗鞍スカイライン入口に到着だーーーーー!!!!








やっぱりいいな







自転車は。







ロマンがあるよ。







自宅出発後、10時間25分で到着(休憩2時間含む)。

走行距離171kmだった。






乗鞍スカイラインはもうこれ以上進めない。なので・・・








ここから、安房峠を越えて上高地へ行くことにする!!







よ~し!奥飛騨の峠を満喫してやる~。









その④へつづく