読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

ツールド沖縄210km 詳細

前日20時就寝、0350起床


起きてまず外を散歩する

沖縄の夜空は満天の星空だった

15分くらい、ゆっくりと歩いてから、宿に戻って朝ごはん


職場の近くで買ったマフィン3、バナナ2、温泉たまご、野菜ジュース


コーヒーを飲もうとしたけど、きっと今日は暑くなるから、少しでも水分を体内にとどめておきたいと、飲むのはやめた


軽量化を2回済ませて、0500出発

駐車場は暗くて、エアーゲージが見えないだろうから、宿でタイヤの空気を入れておいた


0530に駐車場に到着


ホイルをしっかり装着して、補給食をジャージに詰め込む 


補給食はこんな感じ


f:id:dringo526:20151109094832j:plain


軽量化をもう一度してから6時に並び始める 

210kmには40人くらいが、すでに集まっていた

ホッタさんと合流して、前列付近で待機する

ホッタさんは4回目の挑戦。今日こそは共に無事に走りきりたい



0747のスタートまでに、もう一度トイレに行って、3列目くらいからスタート



名護の澄み渡った空の下を、大集団が駆けていく

審判車から旗が振られ、リアルスタート


加速していく


スタート直後から逃げを打つ選手がちらほら見える

前から30番手以内くらいで進む

ローテに入りながら、本部半島をぐるりと回る 


近くには、高岡選手やまこっちさん等のイナーメな人や、なるしまな人が多い


位置取りには細かく気を使う

ボーとしてると、どんどん後ろに下がるから

空いているスペースがあれば、どんどん前に行く

進路変更は声を出すか、ジェスチャーで知らせる


前でフラっとした3人の選手が落車しそうになる

周囲からは怒号が、、、こわー

こちらは安全走行で


海岸線に出る

どうやら逃げと2分くらい差があるみたいだ 

逃げを追いたい、なるしまの小畑選手がローテを促す

けれど、白石選手の姿を見たら、ローテしろ!と言わなくなったな

集団内で積極的に声を出す

いるよーと言うだけでも、大事なことだろう

落車だけは絶対に避けなければ



海岸線を北上し、フンガワダムへの登りに入る前に、位置取りが激しくなる

当然、声を出していく

前へ、前へと位置を上げていく


登りには30番手くらいで入る

ペースは速くない

ついていけそうだと思ったけど、1.5kmくらいで自分がペースダウン


ザーッと後ろから抜かれるが、落ち着いて、ケイデンスを上げていく

勾配が少しでも緩やかになるところは、細かくシフトアップする 


登りのトルクのかかりが悪い

身体が歪んでいるのか、春先のようなトルクは出ていない

悔しいけど、思っても仕方ない

前を向いて、先の登りの見てペダリングしていく


6.5kmほどの登りを終えると、大好きな下り

チューブラーのグリップは素晴らしい

なぜ、みんな最短距離で走らないんだろうか

車は来ないんだから、道を広く使うべきだ

コーナーで1秒はロスしてる


フンガワダム1回目を登り終えて、辺戸岬へ向かう

ここからアップダウンの繰り返し

登りは速くない

前目で入って、後ろにつく

下りでみんなが遠回りするので、最短距離で行こうと声をかける


奥の登り

ひたすら耐えるのみ

頭から汗がしたたる

補給食はジェルメインの方がいい

ようかんを食べたいとは思わなかったな


20人くらいのグルペットで西海岸線を南下する

向かい風だったけど、ペースを上げていく

ここで頑張らないと、、、また完走できなかった昨年みたいになるから


ジェルを3つくらい食べて、2回目のフンガワダムの登りへ


100kmレースの選手たちと、たまたま一緒になる

さすがにフレッシュな脚にはついていけない 


2回目のフンガワダムの登りを終えて、水のドリンクボトルを2つもらい、さらに追加でもう一つ


首や手足に水をかける


東海岸線を南下していく

グルペットは崩壊し、1人旅

下りを高速でかけ抜け、安波の登りへ


このあたりから、右腰に痛みが出てくる



さあ、ここからアップダウンの連続が始まる

36×27を駆使して、ケイデンス高めで登る

ハムと内転筋がピクピクしてきたけど、まだ攣ってはいない

少しでも平均スピードを上げようと、緩やかな勾配は積極的にシフトアップする


登っているとグルペットが追いついてきて、20人くらいかな

平地はローテが上手く回らない、、、当たり前だな、タダ乗りもいるし


日差しが照りつけ、気温は上昇し、アップダウンを繰り返す

何度も脚を止めたくなった、、、気持ちだけは切らさないぞ!と、ラッキー、ラッキーとプラスの言葉を発する


東海岸線のアップダウンの表現が難しいけど、気持ちが切れたらおしまいだから耐えるのみ

しかもグルペットから遅れないように


カヌチャリゾートホテルの登りがラスト

右腰痛い、ハムと内転筋ピクピク、ダンシングすると四頭筋が攣る

シッティングで回すのみ


グルペットは膨れ上がり40人くらい


最後の羽地ダムへの登り


きつすぎる、、、大臀筋までピクピクしてきた

トンネルを抜け、壁のような坂道を登る

ダンシング、、、脚が攣りそうだけど、なんとかいける

沿道からはたくさんの応援を頂きました


下りは踏みこんでスピードに乗る

最後の関門までは、とりあえず踏み込んでいく


昨年、足切りになった川上関門を越え、名護市内へ


ジャスコ坂はヘロヘロだったけど、最後は40km/h


風が変わると、33km/hまで下がる


残り1km


左に曲がりゴールが見えてきた

ラストはスプリントしたかったけど、、、ダンシングしたら両脚が攣ると確信



ケイデンスで上げてー



ゴーーール!

よっしゃー!と、自分の中でガッツポーズ



やりきった、、、調子が悪いなりに出し切れた

来てよかった沖縄、、、


131位

6時間16分45秒


一年の締めくくりを、なんとか無事に終えることができました


完走証を受け取り、偶然出くわしたホッタさんと熱く抱きあう

お互いの健闘を称えて、固く握手する

あのイキイキとしたホッタさんの表情が印象的だった

達成感を得ると、プラスのオーラで、ああいう表情になるんだろう

本当に嬉しそうだった

完走おめでとう


荷物を受け取り、嫁に電話

ジョニーさんに電話

結果報告したら、喜んでくれてたなあ


1330くらいに会場を後にして、スーパーで1人飲みの材料を買って、道の駅許田で職場などのお土産を購入する


今買っておけば、またスーツケースを開けなくてもいいから


15時すぎに宿に戻って、シャワーを浴びて、ブログを書いたり、オカンに電話したりして、ボケーとする


腰を曲げるといたいなあ


18時すぎにホッタさんが迎えにきてくれて、ステーキハウス ハンズでカミハギの人達に混じった打ち上げ


ランプ肉1パウンドをやっつける

肉肉しくて、美味しかったー


f:id:dringo526:20151109133640j:plain


打ち上げは、とても楽しく過ごせました。レースのことについてあーだこーだと

そんな話がおもしろい

ムラタさん、来年は前からスタートせなあかんですよー


21時くらいに宿に戻って1人飲み開始

今日のことを色々考えながら


濃密な1日だった

これだから、ツールド沖縄はやめられない



応援してくれたオカン、嫁、ジョニーさん、友人へ

ありがとうね

気持ちが切れそうなとき、とても励みになりました


また来年も来るぞ!おきなわ!