読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

朝練 / 身体の訴え

高強度の負荷がかかったAACAのレースが終わり、調子が上がってくるかと思いきや、イマイチな状態が続いてる。


調子というのは自転車も、実生活も。


たくさん走ったから、たくさん食べるというのは、もうやめよう。胃腸に負担がかかる分、身体の回復が遅れてしまう。


そのことを身に染みて感じた。


前回の日曜日はブレッツァな仲間と走り、強度を上げることができた。疲労感を感じたけど、楽しかった。


昨日の時点で立ちくらみが頻発していて、歩くのもキツイ状態だった。


嫁に話をしたら、


「そんな時は練習を軽めにしたら。」


と言われ、心が揺れ動いた。


明日起きてから決めようと思った。


今日、目が覚めると布団から出たくない自分がいた。多分、今年の最大級クラスだ。


、、、寝ていたいけど、起きて、着替えたくないけど、着替えて、とにかく練習場に着いてから決めようと。


練習場到着


やるか、やらないか、、、



頭はMAX嫌がっている。

身体は、、、脚は回るな



よし、、、やる!!




やって、その負荷を身体が受け付けないならやめる。とにかくやってみる!よっしゃ!と気合いを入れて、ラップボタンを押す。



もうきつい、、、やめたい。


そんな言葉ばかり浮かんでくる。


きついんだけど、これでやり終えたら、すごい達成感だろうな。


ジョニートレーニングをあまり表には出さないけど、今日のは回数が多いインターバルトレーニング



休みと高強度を練っていく作業



時計が練習のパートナー



 トレーニング中に、早く終われと何度も思う。時間の進み方は一定なはずなのに、進むのが遅い。



やり終えた後は、、、やりきったぞ!と声を大にして言う。


やっぱり身体は疲れていなかったな。


今日は特別嬉しかった。


布団から出たくない自分を連れ出し、調子が良くないからと軽めに走ろうとする自分がいた。



身体の訴えを聞いていたら、心の訴えを聞いていたら、ラクする方向に間違いなくいってしまう自分がいる。


毎日甘いものを食べる

毎日酒を飲む

運動しない

ダラダラする

家事をしない

などなど


以前の私がそうだった。ラクに過ごすことを覚えると、負荷がかかった時がきつい。変な表現だけど、頭も身体も筋肉痛になるだろう。


太った身体の欲求にまみれた、もう1人の自分が確かに、私の中にいる。




本当に休むべきなのか、やっぱりトレーニングするべきなのか、迷う時もあるけど、身体の疲労感だけは注意深く観察しよう。