読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

グランフォンド琵琶湖 145km

昨日の夜は軽くお酒を飲んで、ゆっくりと食事を食べることを意識した。いつも食べ過ぎてしまうから。

スーパーで買ってきたイワシをニンニクとトマト、そしてオリーブオイルで炒めた。さらに、その旨みたっぷりのソースにパスタをからめて食べた。こりゃうまい。

そんな感じで22時就寝。

 

~~~~~

 

0340起床。眠いが、今日は一年に一度のグランフォンド琵琶湖の日。ロードバイクで仲間たちと駆け抜ける。これが実に楽しい。平田クリテにエントリーしていたけど、やっぱりこちらを優先。

 

Cyklisでジョニーさん、のぶさん、Y田さんと合流。長浜市豊公園へ向けて、車で0430出発。

車中はまぁいろんな話をしながらで、あっという間の0530到着。

 

 

f:id:dringo526:20150524160201j:plain

肌寒くて、空は曇っている天気。自転車乗りにとってはうってつけの天気だ。

メンバーが集まってきて、受付をして0700スタート

 

レースではないので、ゆっくりめに走る。32km/hくらいかな。

後方には40人くらいがいて、先頭固定で走る。風を受けるけどちょうどいいアップになった。

 

そういえば今日はミノル家がわざわざサポートカーを出してくれて、水とかコーラの補給を担当してくれた。ありがとうね。

 

木ノ本辺りでロペスに先頭交代。湖北は気持ちいい風が吹いているけど、この風が向かい風にならないことを祈るw

 

道の駅を過ぎた登りで、4名くらいになる。

 

このまま行くのかとおもいきや、2名は友達みたいで、1名が遅れがちなので待ちますと。ここからロペスと二人旅の開始。

 

南に進路をとり、高島市を抜けていく。

 

ロペスが先頭で33~35キロくらい。

自分が前で35~38キロくらい。

アップダウンの連続が続くルートの登りでロペスが遅れがちになるので、自分が前に出て牽く。すると、一人抜け出す形になる。えーい、このまま行ってしまえと一人旅開始。

ゴールまで、まだ70kmくらいある。

 

細かくフォームを変えながら、琵琶湖大橋を目指す。

ここまで追い風基調だったのがありがたい。ということは、北上するときは向かい風だなと考えてしまう。

 

案の定、琵琶湖大橋を抜けて長浜市へと北上していくと、見事なまでの向かい風。よし、ここでジョニートレーニングやろうと。

 

ブラケットを握ったり、下ハンを握ったりして使う筋肉がどんな風に変わるのか、いろいろ試してみた。腹周りがキューとしてきたら、臀部の筋肉を使う。それの繰り返し。

ということは、四頭筋は使わないように意識して。

向かい風で38km/hを維持して、150拍辺りか。しかもそれで1時間以上巡航できたということは、調子が上がってきているんだろうな。

 

延々と続く直線道路を駆け抜けていく。めちゃ気持ちいい。苦しいはずなんだけど、自然と笑みがこぼれた。

ときどきインターバル的に追い込んでみて、豊公園到着。

 

 

 

グロスタイムで4時間10分

1900kcal

 

 

 

信号ストップが多かったなー。まぁ、おととしよりも1分速くなったからいいか。一人旅の距離も長かったし。

 

本当は写真でも撮りながら、ゆっくりと景色を眺めて走ればいいんだろうけど、競技者であるが故に、効率的に時間を使いたいと考える。負荷をかける日はある程度決まっているから、その日にガッツリ追い込むことが成長へのカギだと思う。

 

続々と仲間が帰ってくる。みんなが口を揃えていうのは、楽しかったねーという言葉。うん、楽しかった。

 

帰りはのぶさんの運転で帰宅。運転ありがとね。

 

今日の補給 750mlの水と、抹茶どらやき、抹茶きんつば×2

550kcal

 

朝ごはん 卵マフィン×2、バナナ、コーヒー

600kcal

 

ゴール後 鯖すし、ミノル家手作りのコロッケ、肉団子

700kcal

 

 

 

~~~~~

 

 

 

14時帰宅

 

眠たいけど、シャワーを浴びて家の事をやる。

お土産に鯖すしを買ってきたら、なんだか嫁さんが喜んでくれて、こちらも嬉しくなった。娘にはサラダパンを、、、と思ったけど、すでに売り切れだった。恐るべし、サラダパンw

 

走りきった後思ったこと

また明日から仕事を頑張ろうという、当たり前の気持ち。

なんというか、身体は疲れているけど、リフレッシュできた気持ち。

苦しめば苦しむほど、他のことなんて考えていられない。思考は全て自転車にむかう。

そうやって、無意識に仕事を忘れられるから、自転車で苦しむことも受け入れられるのかもしれない。

変態と言われても仕方ないw

 

 

また明日からトレーニングも仕事も頑張ろう。

全てにおいて淡々とやるだけよ。