読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

猪苗代湖サイクリング

written by iHatenaSync

昨日の夜はよく飲んだ。東北の地酒は美味いや。

0500起床、ホテルに0530に迎えにきてもらって自転車を積み込む。

友人は朝からテンションが高い。後輩をいじりまくっていた。

0730に猪苗代湖湖畔へ。


なんと!集まった人数は40人ほど。その中には、ママチャリやクロス、マウンテンバイクなど多様な自転車が。

しかもスペシャルゲスト!


宇都宮から那須ブラーゼンの小坂選手。この方はシクロクロスの日本代表です。こんな機会はないだろうと、色々と話する。


友人には走り方を聞かれたので、ジョニーさんから言われていることをそのまま伝えた。

一周は55kmでゆったり走る。休憩は適度に入れて。潮風じゃないから、風が気持ちいい。

見通しの効く道でとばしたくなるけど、とばすのはいつでもできる。それよりも友人と一緒に走る方か大事だ。


あっという間に一周が終了。流れ解散になろうとした時に、、、


布引高原行く?


行きます!


約10kmの登り。もちろん小坂選手(P1)とブラウブリッツェンの大場選手(E1)も。他に3名。


3名がパックで進む。ほどよい負荷で。


序盤は緩い坂だけど、中盤は苦しいところ多数。小坂選手についていく。しばらくすると大場選手が遅れる。肋骨骨折の痛みに耐えながら登るなんて出来ません。


苦しいところで小坂選手についていけなくなった。自分のペースが落ちた。


前には友人が車からツールドフランス並に応援してくれている。


ラストは頑張って2着。


素晴らしい景色。高原の涼しい風が吹いていて、汗があっという間に乾いていく。猪苗代湖の先に磐梯山が見える。すごい、ここは良い場所だ。また来たい。

みんなと話したり、記念撮影したりして下山。


昼は煮込みカツ丼を。地元の定食屋は大繁盛していた。2年ぶりくらいに一杯平らげた。小坂選手のペダリングの話がとても参考になった。帰ったらやってみよう。



みんなと解散して、友人と銭湯へ。



裸の付き合い。まさか、3年前には想像できなかった。

1700にホテルに送ってもらい、1800に居酒屋へ。


もう楽しすぎた。東北の人はおもしろい。酒は入るし、話は楽しいしで久しぶりに爆笑して腹が痛くなった。

2次会まで行って、ホテルに送ってもらった。


友人とはここでお別れ。楽しい時間はすぐに過ぎる。また来年、会おう!と言って、さよならを。


ホテルのベッドに倒れこむ。今日一日のことを思い返す。素晴らしい一日だった。そして、こんな縁が出来たことに感謝した。


感謝して目を閉じたら、浮かんだ人物は嫁だった。嫁の協力がなければ、友人とは知り合えていない。


人のつながりは複雑に色んなことが原因で広がっていく。気持ちは積極的に。常にそうありたい。



さあ、明日は郡山から一宮まで安全に帰るぞ。