読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

AACA1-1 チャンピオンカップ100km

レース

結果は18/20周でDNF


準備はしっかりとできていたんだけど、完全に前に出るタイミングを逃した。




時系列で。



前日0時就寝、7時起床。5時30分に目が覚めたけど、二度寝。レースは13時頃なので、午前中は時間がある。

家事を済ませて、ジョニーさんとこで出撃準備完了。


ご飯は10時までに済ませて、12時出発。13時に長良川サービスセンターへ。


周りを見ると、イナーメな人がわんさかと。こちらは単騎。単騎でもやれることはある。


レーススタート


スタートと同時にイナーメな人やシエルボな人がアタックする。5周くらいで5人くらいの逃げができたけど、距離はそんなに離れていない。


こちらの集団では56さんがハッパかける。「回せ!」と。


その1、2周くらい後に56さん含む5人くらいがブリッジしに行く。


乗っかろうか迷った、その一瞬でチャンスを失った。



みるみるうちに差は開き、こちらからブリッジできない。おそらく、前の集団は後ろから人がくっつくのを嫌がってペースを上げたんだろう。





そして、ここからがサバイバル



人が一人、また一人といなくなっていき、5人になり4人、3人と徐々に削られていく。



北行きは猛烈な向かい風、南行きは追い風


向かい風は30km/hも出なくなるぐらいの爆風



キツイ。きつすぎる。



けれど、絶対にあきらめてたまるか!



沖縄の苦しみが頭をよぎった




残り7周になって、とうとう一人旅




風除けなんてないから、もう己との戦い。



前から人が落ちてくる、、、イナーメの森本さんだ。



追い抜き、そのまま進む



AACAの人達が応援してくれた。めちゃくちゃ嬉しかった。そのおかげでしばらく耐えることができた。



向かい風区間、、、なんだこりゃ。砂嵐みたいになってるぞ。



周回を重ねるうちに逃げ2人が、自分をラップしそうな感じ。で、ラスト2周だったけど、とうとうここまで。ストップがかかった。



終わってみると、なんだろうなこの気持ちは。ちゅーとはんぱな感じだ。




とりあえず、足りない部分が分かったからいいか。とにかく疲れた。



知り合いと話して帰宅する。



~~~~~



100kmレースに出てみての感想は、あと少し、、、ということだ。



これが足りないんだ。



決してネガティブな気持ちはない。むしろ、次はやったる!という気持ちだ。



もっと経験値を稼ぐぞ



周りにうんぬんかんぬん言われても、もう完全にgo my wayやで。



また強い人達と走りたい。