読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

真夏の郡上八幡ツーリング 161km

Jonnyトレーニング

f:id:ringo526:20130805205652j:image

前日2230就寝で0530起床。朝、オレンジジュースとカステラ、アンパンを食べる。しかも、割とたくさん。安静時心拍50、少し疲れは感じるけど、まぁ大丈夫だろうと思う。

自分は企画者として、みんな怪我などなく絶対にここまで戻るぞと気を引き締める。同時に、みんなにこのルートを楽しんでもらいたいとも思う。



0630にCyklis出発

ワタシ、Jonnyさん、ミノル(鈴鹿から自走w)、Y田さん、Mわさん、まっさん、のぶさん、ミヤモトさん


まずは一宮タワーへ


みんな早朝からワイワイしている。Jonnyさんが活発だからか、先頭を牽いていると後ろから笑い声多数。ジョークが聞こえて、思わず笑ってしまう。笑いながら走るってのは心にいいな。先頭が気持ちよい。


各務原を抜け、道の駅武芸川まではアタックなしで、アップがてら回す。三輪の直線が気持ちよくって、どこまでも続けばいいのにと思った。気持ちいい!なんて声が聞こえたから、企画者として嬉しかった。



f:id:ringo526:20130805205642j:image


道の駅むげがわで、岐阜組と合流

いぷじいさん、S木さん、大吉さん、チャリ乗りさん、N島さん


13人の大所帯。武芸川沿いを行く。軽くアタックしたりして、今日のかかり具合をみる。なんとか回せる感じがした。

まずは山岳ルート、洞戸へ抜ける登りへ。



九頭師坂

登り始めでJonnyさんが「アウタートップで!」なんて言うけど、やっていたのは数人。当然、ワタシもバカ正直にそれを実行。後で冗談と分かったのでよかったけど。


勾配がきつくなる手前でアウタートップ解除。インナーを使う。登りで遅れないように、先行するチャリ乗りさんを抜かす。


自分が先頭で進む。後ろはきてない。途中でいぷじいさんが追いついてくる。いぷじいさんの後ろで進む。きついのは皆同じ。


残り何mだったか、アタック!!


「なにそれ~」


いぷじいさんの声が聞こえた。


山岳ポイントは頂いて、後続へ下る。ほんで、もう一回登る。最後のまっさんの掛け具合にしびれた。ほら、踏めるやん^^


下って、洞戸からタラガトンネルまで14kmくらいのアップダウン開始!



タラガトンネルSP


今日のテーマは決めていた。集団のままで行かない。誰かと一緒になったら何回でもアタックする。そして、1人で踏みまくる。


洞戸の信号が青に変わると発射!


まつさんが出るが長続きしない。しばらくして、いぷさん、ミヤモトさんと3人で行く。

後ろからチャリ乗りさんがアタックしたので、便乗してついていって、さらにアタック。


登り終わりでいぷさん、ミヤモトさんに追いつかれる。


3人になったところで、いぷさんアタック!


うわっ!もうね、こういうのがいい!掛けまくるインターバル地獄。


いぷさん、しばらく先行してまたアタックするので、タイミングを見てアタック!


そして、1人旅開始。


これがもうしんどくてしんどくて。後ろは見ないでとにかく踏むのみ。音がしないので誰もいないのだろう。自分のホイールが「コーッ!」っていって回っている音が心地良かった。


で、しばらくするとミヤモトさんに追いつかれる。


けれど、ゴールはもうすぐ。1kmは切っていたかな。しばらく2人で進んで、アタック。少し差が開いたままタラガトンネルSPを頂いた。ハムとふくらはぎがピクピク攣っていた。


後続まで行き、みんなと合流してタラガトンネルへ。





それから長良川まで下って、郡上八幡駅へ。いつ来てもここは風情があっていいところだ。川もきれいだから思わず入りたくなる。汗でまみれた身体を洗いたかった。




f:id:ringo526:20130805205631j:image

f:id:ringo526:20130805205619j:image


記念撮影して、またミヤモトさんが・・・


ミニストップはどこだ。」と


「ワタシハセブンイレブンネ」


とJonnyさん・・



ローソンしかないねん!


ローソンしかないことを知っていて言っているのは分かっているが、この件は笑うしかなかった。


ローソンで補給して、長良川沿いを美濃まで南下する。ブラインドコーナーと狭い道が連続するので安全運転。


美濃まで出たら、高速列車発動!


脚はまだ大丈夫だった。というか、もっといじめてやろうと思った。


先頭で踏みまくる。40以上は出ていた。すると、のぶさんが前に出る!


のぶさんとローテしているとミヤモトさんも入る!


そのまま道を間違えるまで、ずっと進む。


分かりにくいところはワタシが停まって、また前にいってなので、インターバル状態。苦しいのはラッキーだ。


道の駅むげがわから藍川橋までも踏みまくる。苦しいのは余裕だと声に出して言う。


のぶさんとまつさんとローテしながら行くとまつさん千切れる。


ワタシとのぶさんで藍川橋まで。このローテが楽しくって楽しくって。脚はきついんだけど、こういうのってこういう時しかやらないから。いつも1人だけど、みんなと走ると孤独感がなくなる。


ミニストップで休憩。いぷさん、N島さんと別れる。その後、各務原で大吉さんと別れ、川島でS木さんと別れる。


その後堤防で、ラスト2kmを頑張ってみる。もう誰もついてきていなかった。最後にどこまで踏めるかやってみたかった。沖縄はこれだけ走っても、まだ踏まないといけないもんな。


f:id:ringo526:20130805205608j:image


Cyklisに戻ると、心ここにあらずな人が出来上がっていた(^_^;)


まぁこれだけ暑いと苦労するわね。


でも、みんな怪我もなく、落車もなく、パンクもなく無事に帰ってこれてよかった。最後の一宮タワーからは喋らず、前方の注意を最大限に払って進んだ。やっぱり疲れてきて集中力がなくなってから、怪我するから。



参加されたみなさん、お疲れ様でした^^


同時にありがとうございました。みなさんの参加なくして、郡上八幡ツーリングは成し得ませんでした。


また楽苦しみましょう。





1年4ヶ月くらいJonnyトレーニングをやってきましたが、ここでJonnyトレーニングが進化します。まぁつまり、より苦しくなれるチャンス到来ということです。

Jonnyさんはいつもそうだ。

そのトレーニングでおしまいじゃないんですね。その先を睨んでのトレーニングをやっていると。だから、ステージ1であきらめないでね。とは、よく言われることだ。


今しか苦しめないし、いつまで続くか分からんけど、やれるとこまでやってみよう。


そのためにも日々を淡々と過ごすこと。これしかない。これが一番大切。ニュートラルな状態で淡々とが一番難しい。



よっしゃ。今しかできないことをやろうか。