読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

初夏の風薫る 上高地へ! ~265km~ その④




奥飛騨温泉郷安房峠上高地



f:id:ringo526:20110708102032j:image

平湯峠制圧 国道からここまで平均勾配10%ほど。これはきつかった~。


せっかく一宮から乗鞍まで来たのですが、運命は残酷(大げさ)でした。「雨量規制通行止め」ということで、今日いっぱいは入口は開かないということでした。






このままでは帰れない!






ということで、進路は上高地へ!!






まずは奥飛騨温泉郷へ向けて下りまくる。





f:id:ringo526:20110708104250j:image

AM10:42 奥飛騨温泉郷への下り なんとも心地いい風がたまらんです。



クルマでしか来たことのない場所に、自転車と一緒に居る・・・これなんとも不思議な気分だった。自分のカラダ一つでこんなところまで来れるんだ。CAAD9と一緒に未開拓地を進んでいく。



f:id:ringo526:20110708104717j:image

AM10:47 平湯温泉 もちろんここでゆっくりと温泉に浸かってもよかったけど、ココまで来たらね~・・・。



温泉に入りたくなる欲求を抑えて、安房峠入口へ。もちろん温泉を堪能して高山に戻るという手もあるけど、ここまで来たら、この近辺の峠を満喫したい。



f:id:ringo526:20110708105454j:image

AM10:54 安房峠登坂中 マイナスイオンたっぷりの森林浴が楽しめます。汗は止まりませんがね~^^



クルマなんてほとんど通らない。貸切状態の峠道。こりゃ、自転車のための道やな。ココまで来たら、さすがに疲れがあったので時速10km/hほど。34-27の超軽~いインナーローで登っていきます。



f:id:ringo526:20110708111522j:image

AM11:15 安房峠手前5km地点 晴れてきて良かった~。休憩もぼちぼち取りながらの登坂。




「安房平」からのラスト3kmがけっこう疲れた^^時速はもう一桁だった。



f:id:ringo526:20110708114111j:image

AM11:41 安房峠(標高1780m) 実際の峠はここから100mくらい行ったとこにあります。



で、100mほど進むと・・・




f:id:ringo526:20110708114439j:image

AM11:44 安房峠県境 

キター!松本市( ゚∀゚ )キタ━━━!!!



とうとう長野県まで来てしもうたやんけー!!うぉー!背中にサブイボ出まくりじゃー!









あれは・・・?






f:id:ringo526:20110708114446j:image

雪渓!?( ゚∀゚ )キタ━━━!!!




うぉぉぉぉー!雪渓まで見れるなんてめっちゃテンション上がってきた。この一瞬だけは疲れを忘れていた。景色に見とれながら、松本市側へ。




ひたすら国道158まで下って・・・





ラスボスのあのトンネルを抜けなければ・・・





f:id:ringo526:20110708120652j:image

12:06 釜トンネル入口 一部区間の勾配は11%ほど。平均勾配10%ほどの凶悪(?)トンネルです。



マイカーは「釜トンネル」を抜けることはできませんが、自転車ならオッケーです。警備員のおっちゃんに挨拶して釜トンネルを抜けるため、しっかりと脚をマッサージ。

200km近く走ってきてのこの勾配はきっついぜ~。しかも後ろから前からバスが来るし。





意を決してトンネル内部へ。




ここを抜ければ、上高地だ。




さぁ、行こう。








到着編へつづく