読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

初夏の風薫る 上高地へ! ~265km~ その②

ロングライド



初夏の風薫る 上高地へ! ~265km~ その①のつづき





郡上八幡→西ウレ峠→せせらぎ街道



郡上八幡から出発しておよそ1時間、道の駅明宝へ到着。さすがにこの辺りはひんやりとしている。気温20度。半そででも寒くなかった。

もうすぐ夜明けだって時に、閃がスイッチをつけてもすぐに消えるアクシデント。まじかー。まさか電池切れ・・・まだ5時間半しか使ってないよ。10時間持つんじゃないの!?という答えの出ない答えを捜し求めながらPANASONICのライトとヘッドライトで進んでいく。

正直、ライト2連装でホントによかったと思えた。


時計はAM4時半。ようやく空が明るくなってきた、と同時に小雨も治まり天気回復。


f:id:ringo526:20110708043213j:image

AM4:32 坂本峠入口付近 國井家のシバザクラ以来だな~と、ついこないだ来たばっかの記憶に浸る。


坂本峠は通行禁止だった。まぁ、そもそも通る予定じゃなかったけど。なので、このまま国道沿いに標高を上げていく。さすがにこの時間、クルマは通らない。小鳥のさえずる声、虫の音、自分の呼吸しか聞こえない。


f:id:ringo526:20110708044310j:image

AM4:43 坂本トンネル3km手前 高原独特の空気が辺りを包んでおりました。



ずぅぅぅぅっと登りだから頑張らない。頑張っても仕方がない。今回は目的が違う。頑張るのは練習の時。HR70%はしっかりと守って。

ほどなくして坂本トンネルへ。トンネル内部はありえんぐらいの冷気に包まれていた。早く抜けたいが故に高速巡航で。





坂本トンネルを抜けると、少しの下り坂。辺りは高原の景色が広がっていた。こういうところは速く走っても仕方がないので、脳裏に焼き付けるようにゆっくりと25km/h巡航。



f:id:ringo526:20110708051023j:image

AM5:10 高山まであと42km この青看の距離数が減っていくのが、妙にモチベーションを上げた。


ほどなくして西ウレ峠への登りが始まる。勾配はきつくない。けれど、いつまで登るのっていう感じ。こういう時に高度計とかGPSがあるとゴールが分かって楽しいんだろうな、と思った。今度はエッジ500と登りたい。



f:id:ringo526:20110708054526j:image

AM5:45 せせらぎ街道 こんな高原ルートを存分に楽しめます。・・・もちろん登りで(笑)




いくつものカーブを抜けてようやく着いた。




西ウレ峠制圧ヽ(´ー`)



f:id:ringo526:20110708055334j:image

AM5:53 西ウレ峠(標高1113m) ここは単なる通過点にしか過ぎないけれど、なぜこんなに嬉しいのだろう。きっと答えは・・・


峠付近は気温18度。ここから高山へ向けてひたすら下るので、モンベルのライトシェルジャケットを羽織る。これとても良かった。多少の雨ならはじいてしまうし、なにより暖かい。



f:id:ringo526:20110708060454j:image

AM6:04 せせらぎ街道下り 45km/hほどで。一気に高山まで下る。





飛騨高山はもうすぐそこだ。さぁ、行こう。










その③へつづく