読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくるり ポタ日記

自転車に乗って何を感じる ~No bike No life~

【九州ツーリング】4日目 鹿児島〜桜島〜志布志

九州ツーリング

0600起床。口の中が乾いている。部屋に干したモンベルのジオラインや、スポーツデポのタイツは、もうすでに乾いていた。

 

さあ、今日は志布志まで行くぞ!と気合いを入れて、着替えを済ませ、お宿の奥さんにありがとうございました、と伝えて出発。

 

サドルバッグやフレームバッグに何を入れておくといいか、少しずつ分かってきたぞ。背中のポケットには携帯、財布、少しの補給食を入れている。

 

0700の桜島フェリーに乗り込む。

 

f:id:dringo526:20170321164036j:image

f:id:dringo526:20170321164049j:image

ここから桜島まで15分。船内は地元の人で賑わっている。地元民の脚として有効活用されているのがよく分かる。

 

 

f:id:dringo526:20170321164216j:image

桜島が大きくなって目の前に近づいてくる。

 

 

船旅を終えて下船する。料金を支払っていないことに気づく。このまま進んでいいの?

 

分からずに先を見ると、きちんと料金所がありました。焦ったー、、、無賃乗車になるところだった。

 

 

 

f:id:dringo526:20170321164510j:image

f:id:dringo526:20170321164529j:image

桜島が噴火したときのため、一定間隔で退避壕が設置されている。

 

時折現れる民家には鉄筋コンクリートと思われる重厚な屋根が施工されている。木造はさすがにないやろー、と思っていたら、ありましたw

これ噴石が直撃したら、全壊やで。

 

 

f:id:dringo526:20170321164734j:image

溶岩帯が見れるらしい。

自転車を降りて、少しの階段を登ると溶岩帯と桜島の山々が大きく目の前に現れた。

 

 

f:id:dringo526:20170321164841j:image

写真では伝わりにくいけど、ものすごい迫力です。

 

トイレをしてから、東へ進む。もう本当に強烈な向かい風。下りでもスピードに乗らない。アップダウンを繰り返す道を、ダンシングを多用して進んでいく。

 

桜島をぐるっと回りこむと、また違った山の姿が見えてきた。

 

 

 

f:id:dringo526:20170321165125j:image

頼むから、今、噴火しないでね。と本気で思う。

 

f:id:dringo526:20170321165211j:image

f:id:dringo526:20170321165225j:image

火山灰で埋もれてしまった鳥居。

 

来た道を戻り、海岸沿いに出る。そこから南へ向かい垂水市を抜けて、鹿屋市へ向かう。相変わらず風は強い。

 

f:id:dringo526:20170321165443j:image

 

 

ふと、お墓に目がとまる。お墓の上には屋根。なるほど、噴石からお墓を守るためなのね。

 

 

f:id:dringo526:20170321165556j:image

これ美味しい。朝ごはんはグリーンスムージー。昨日たくさん食べたから、エネルギーはまだあるだろう。

 

 

海岸沿いから鹿屋市へは登り基調。鹿屋体育大学が見えてきた。ということは、、、

 

 

f:id:dringo526:20170321165643j:image

あー!これ行きたかったー!!

鹿屋アスリート食堂。1100からの営業時間まではさすがに待てません。

 

 

とりあえず、東へ向かいます。

 

 

コンビニでトイレ休憩したときに、日本郵政のお兄さんに話しかけられて、どこから来たの?とか。

 

チャンスだと思い、志布志でお昼ごはんの美味しいところありますか?と尋ねると、まるちょんラーメンが美味しいとのこと。ありがとうございます!やる気が出てきたぞ!やっぱり地元のことは地元に聞け、ですな。

 

 

 

f:id:dringo526:20170323140218j:image

道の駅 くにの松原 おおさき

観光案内所のお姉さんに、お土産を購入できるところを聞くと、さんふらわあフェリー乗り場にあるよ、とのこと。おおー!ちょうど、そこに向かっているのでよかった。

 

この道の駅にも、いくつかのお土産はあったんだけど、もうね、価格が素晴らしく高い。いくつかの地元スーパーとか見てきたので、そういう目で見てしまいます。

 

特産品でも高いものは買いません。どうしてもコストパフォーマンスで見てしまいます。

 

 

f:id:dringo526:20170323140917j:image

今、自分がここにいること、、、現実味がないけど、現実なんだよなあ。

 

 

f:id:dringo526:20170323141006j:image

さあ、志布志までもう少しだ。

 

 

市内に入り、裏道を抜けていくと、まるちょんラーメンに到着。あー、お腹すいたー。

f:id:dringo526:20170323164151j:image

f:id:dringo526:20170323164212j:image

うまー!!お腹が空いていたのもあるけど、スープが胃に流れていくのがよく分かる。

これは美味い!

とんこつスープはあっさりしていて腹に残らない感じ。

さらに、ライスを注文。

 

このライスがねー、うますぎでした。

なんでかなと思ったら、大分県産の竹田米を使っているんだって。九州ツーリングの初日に通ってきたところやね。だからかー、こんなに美味しいのは。我が家では次にこの米にしよう(笑)

 

ラーメンを食べて、1145くらいだったので、まだ時間があるからと、さんふらわあフェリー乗り場へお土産を見に行くことに。

 

しかし、お土産、、、高いなー。

 

これは買う気にならないので、地元スーパーへ。

 

 

おおー!さすが地元スーパー!

庶民に優しい価格であるじゃないですか。

鹿児島産地鶏を使った炭火焼き肉をとか。

いくつかお土産を購入して、サコッシュへ。

また別記するけど、サコッシュがいい仕事してくれました。

 

 

まだまだ時間があるので、ダグリ岬というところへ。この登り、、、脚にくるわ。

 

f:id:dringo526:20170323165155j:image

展望台に登って、、、

 

 

 

f:id:dringo526:20170323165143j:image

 壮大な景色!これは気持ちいいね。しばらく、その場で景色を眺めたら、さんふらわあフェリー乗り場へ向かう。

 

 

f:id:dringo526:20170323165312j:image

1430の乗船受付を済ませて、輪行準備。

 

 

f:id:dringo526:20170323165426j:image

今回乗るさんふらわあフェリー。大阪まで運んでくれる。

 

 

乗船して、雑魚寝スペースのツーリングに荷物を置いたら、速攻でお風呂へ。これが最高に気持ちよかった!

 

 

1730からレストランで夕食。海上で食べる夕食も、また美味しい。

 

 

f:id:dringo526:20170323165620j:image

たくさん走ったので、ガッツリと!!ビールは1本だけ。

 

 

f:id:dringo526:20170323165648j:image

離れていく大地を見て、、、

 

 

 

あー、終わったんだなと実感。

 

 

 

濃密な旅だった。一生の思い出になるだろう。

 

宝物がまたひとつ増えました。

 

おしまい。

 

 

走行距離102.93km

獲得標高964m

f:id:dringo526:20170326095300p:image

 

 

全行程414.04km

全獲得標高4459m